Manuscript with arrow icon Book and magnifying glass icon Cross-check icon Process checklist icon Reputation ribbon icon Graduation cap icon Question speech bubble icon Headset call icon Mobile phone call icon Login arrow icon B+ Paper Icon Becoming B+ Paper Icon Checkmark Paper Icon Feedback Speech Bubble Icon Feedback Double Speech Bubble Icon Similarity Check Icon Professional Development Icon Admin Training Icon Instructor Training Icon Student Training Icon Integrations Icon System Status Icon System Requirements Icon Menu Icon Checkmark Icon Download Icon Rubric Icon Prompt Icon QuickMark Set Icon Lesson Plan Icon Success Story Icon Infographic Icon White Paper Icon White Paper Icon Press Release Icon News Story Icon Event Icon Webcast Icon Video Icon Envelope Icon Plaque Icon Lightbulb Icon Insights Lightbulb Icon Training Icon Search Icon User Icon Privacy Icon Instructor Icon Instructor-1 Icon Investigator Icon Admin Icon Student Icon Voice Grammar Icon Turnitin Logo (Text and Icon) Icon Facebook Icon Twitter Icon LinkedIn Icon Google Plus Icon Lightbulb Icon Binoculars Icon Drama Masks Icon Magnifying Glass Icon Signal Check Indicator Bars Red Flag Icon Analysis and Organization Icon
お問い合わせ
Turnitin Whitepaper

次にすべきこと(改善策)を示すフィードバックの効果

【Turnitin監修・無料ホワイトペーパー】
ジョン・ハッティ博士とTurnitinによる共同研究


この数十年のあいだで、学生への効果的なフィードバックとは何かを明らかにしようとする研究が発展してきました。なかでも、2007年のジョン・ハッティ博士(豪メルボルン教育学大学院名誉教授)とヘレン・ティンパリー博士の論文は、効果的なフィードバックについて、「どこへ向かっているのか(学習目標)」「いま、どこにいるのか(進捗状況)」「次にすべきこと(改善策)」という3つのタイプに分類されることを発表しています。現場の教員におけるフィードバックが学生の学びをいかに改善し得るかという理解の深化にハッティ博士の研究成果が貢献しています。​

本ホワイトペーパーでは、2021年に発表された “Feedback That Leads to Improvement in Student Essays: Testing the Hypothesis that ‘Where to Next’ Feedback is Most Powerful (学生の小論文の改善につながるフィードバック:「次にすべきこと」を示唆するフィードバックが最も効果的であることを検証) と題する研究論文で、ターンイットインの4人のベテラン教育者たちがジョン・ハッティ博士と協力して、「次にすべきこと」を示すフィードバックが学習成果を向上させるという仮説を検証した結果についてご紹介します。​

「次にすべきこと」を示すフィードバックに関する先行研究を精査し、Turnitin Feedback Studioの効果的な活用方法など、授業での具体的な実践方法をご覧になれます。

ホワイトペーパーを
ダウンロードする