Manuscript with arrow icon Book and magnifying glass icon Cross-check icon Process checklist icon Reputation ribbon icon Graduation cap icon Question speech bubble icon Headset call icon Mobile phone call icon Login arrow icon B+ Paper Icon Becoming B+ Paper Icon Checkmark Paper Icon Feedback Speech Bubble Icon Feedback Double Speech Bubble Icon Similarity Check Icon Professional Development Icon Admin Training Icon Instructor Training Icon Student Training Icon Integrations Icon System Status Icon System Requirements Icon Menu Icon Checkmark Icon Download Icon Rubric Icon Prompt Icon QuickMark Set Icon Lesson Plan Icon Success Story Icon Infographic Icon White Paper Icon White Paper Icon Press Release Icon News Story Icon Event Icon Webcast Icon Video Icon Envelope Icon Plaque Icon Lightbulb Icon Insights Lightbulb Icon Training Icon Search Icon User Icon Privacy Icon Instructor Icon Instructor-1 Icon Investigator Icon Admin Icon Student Icon Voice Grammar Icon Turnitin Logo (Text and Icon) Icon Facebook Icon Twitter Icon LinkedIn Icon Google Plus Icon Lightbulb Icon Binoculars Icon Drama Masks Icon Magnifying Glass Icon Signal Check Indicator Bars Red Flag Icon Analysis and Organization Icon
お問い合わせ
Turnitin eBook

研究公正eBook | 変わりゆく研究環境のなかで研究公正と倫理規準を守る

【Turnitin監修・無料eBook】
責任ある研究活動について、研究業界における議論や動向を調査


研究者、出版社、大学等、研究における実践の変化と競争の激化に対応するなか、研究公正はどのように進化しているのでしょうか?

最近の変化としては、新型コロナウイルスの世界的な脅威に対して、研究コミュニティが初めて結束し、組織や国境を越えて共同研究を行い、研究成果を共有したことが挙げられます。それは、情報入手の簡便さや透明性、研究のスピードに関して、ひとつの転換点でした。また、大学においても研究成果のインパクトをを向上し、国内外からの評価を得るために、共同研究と研究の商業化が進んでいることが、重大な課題となっています。

変化が進む反面、データ収集から論文執筆、研究のオーサーシップ問題まで、研究のプロセスにおいて、故意または不注意による研究不正のリスクも高まっています。 

このeBookでは、アジア太平洋地域に焦点をあて、責任ある研究活動について、研究業界における議論や動向を探ります。研究公正とは共同的な取り組みであり、集団的な対応が必要であることを認識したうえで、強い研究コミュニティづくりに欠かせない、個々の研究者の注意義務と価値観といった要因も解明していきます。

研究公正(リサーチ・インテグリティ)eBooK  に含まれる内容:

  • 責任ある研究活動を実現するための早期教育の必要
  • 共同研究の推進に向けて研究公正を標準化する 
  • 大学における学術研究の商業化に関する課題
  • 研究論文の執筆過程における公正さ確保のための方法について 
  • 研究不正のリスク軽減と偽ジャーナルやハゲタカジャーナルの回避策

eBookを
ダウンロードする