Manuscript with arrow icon Book and magnifying glass icon Cross-check icon Process checklist icon Reputation ribbon icon Graduation cap icon Question speech bubble icon Headset call icon Mobile phone call icon Login arrow icon B+ Paper Icon Becoming B+ Paper Icon Checkmark Paper Icon Feedback Speech Bubble Icon Feedback Double Speech Bubble Icon Similarity Check Icon Professional Development Icon Admin Training Icon Instructor Training Icon Student Training Icon Integrations Icon System Status Icon System Requirements Icon Menu Icon Checkmark Icon Download Icon Rubric Icon Prompt Icon QuickMark Set Icon Lesson Plan Icon Success Story Icon Infographic Icon White Paper Icon White Paper Icon Press Release Icon News Story Icon Event Icon Webcast Icon Video Icon Envelope Icon Plaque Icon Lightbulb Icon Insights Lightbulb Icon Training Icon Search Icon User Icon Privacy Icon Instructor Icon Instructor-1 Icon Investigator Icon Admin Icon Student Icon Voice Grammar Icon Turnitin Logo (Text and Icon) Icon Facebook Icon Twitter Icon LinkedIn Icon Google Plus Icon Lightbulb Icon Binoculars Icon Drama Masks Icon Magnifying Glass Icon Signal Check Indicator Bars Red Flag Icon Analysis and Organization Icon
お問い合わせ
関西大学
200
利用者数
創立 
1886年
場所
大阪府吹田市
iThenticate
教育機関タイプ
四年制
私立総合大学
導入開始
2014年 10月


担当部署
関西大学
研究支援•社会連携グループ

概要

関西大学では2014年10月よりiThenticateの利用を開始した。当時、学会誌に論文を投稿するにあたって、iThenticate等のツールで剽窃チェックを行った証明書の提出が求められることが増えていた他、インターネットの普及により、学生が論文を執筆する際、インターネットからの盗用や剽窃等の研究活動の不正行為が社会的な課題となっており、不正行為の抑止力の一環として、iThenticate導入の機運が高まっていたことが後押しとなった。

1

修士論文や博士論文の類似性チェックでiThenticateを活用。

2

学会誌や学術ジャーナルに研究者が論文等を投稿する際にiThenticateを使った類似性チェックを実施するよう学内で利用促進。

3

文部科学省のガイドラインに沿った研究倫理への対応を行うとともに、2022年度より研究倫理・研究公正のチームを設置し、研究不正を未然に防ぐ取り組みを強化。

「客観的な類似度数値や、類似一致箇所のソースが正確に表示され、判定結果がわかりやすいため、非常に助かっています。」

- 関西大学 研究支援・社会連携グループ 担当者,

関西大学でのiThenticate活用状況

関西大学では主に、修士論文や博士論文に対して、iThenticateを活用した類似性チェックを行なっている。iThenticateの使用に関しては、各学部を通して教員に依頼を行い、研究支援・社会連携グループで、類似性チェックを行っている。判定結果は、各担当教員に返却される。
研究者においては、学会誌や学術ジャーナルに論文等を投稿する際、剽窃の可能性を 未然に防ぐことを目的に、iThenticateが利用されている。研究活動におけるワークフロ ーに組み込まれるよう、研究支援・社会連携グループが主体となってiThenticateの利用を促進している。



関西大学の研究推進における活動

関西大学では、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果のアウトリーチ 拡大等を行うため、URA(University Research Administrator)という専門性が高い人材を研究推進部に配置し、学内における研究支援体制の強化に努めている。

2021年度に国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が主催する「次世代研究者挑戦的研究プログラム」に採択され、年間20人の博士課程後期課程の学生支援を実現する等、若手研究者の支援にも注力している。
研究支援・社会連携グループでは、主に外部資金への申請支援や研究費の管理に加え、公的研究費および研究活動における不正防止対策に注力した取り組みも行なっている。

具体的な取り組みとして、新聞等で報じられた研究不正の事例紹介や、研究不正の防止を啓蒙するパンフレットや資料等の配付を行っている。研究倫理の実践と研究公正の遵守については、文部科学省のガイドラインに沿った対応を進めるとともに、2022年度より専任のチームを設置することで、研究不正を未然に防ぐ取り組みをさらに強化している。



今後の課題

研究支援・社会連携グループでは、不注意から起きる自己剽窃や不適切な出典等の意図しない誤りが、剽窃行為としてみなされる可能性があることを周知するとともに、学内でのiThenticateの認知拡大と利用促進を通じて、盗用•剽窃の未然防止に努めたい。

「本学では2014年からiThenticateを導入していますが、研究活動において欠かせないツールであると実感しています。今後も、学内でさらにiThenticateが活用されるよう、今まで以上に学内での啓発活動に注力していきたいと考えています。」

関西大学 研究支援・社会連携グループ 担当者


PDFをダウンロードする

ダウンロード