Manuscript with arrow icon Book and magnifying glass icon Cross-check icon Process checklist icon Reputation ribbon icon Graduation cap icon Question speech bubble icon Headset call icon Mobile phone call icon Login arrow icon B+ Paper Icon Becoming B+ Paper Icon Checkmark Paper Icon Feedback Speech Bubble Icon Feedback Double Speech Bubble Icon Similarity Check Icon Professional Development Icon Admin Training Icon Instructor Training Icon Student Training Icon Integrations Icon System Status Icon System Requirements Icon Menu Icon Checkmark Icon Download Icon Rubric Icon Prompt Icon QuickMark Set Icon Lesson Plan Icon Success Story Icon Infographic Icon White Paper Icon White Paper Icon Press Release Icon News Story Icon Event Icon Webcast Icon Video Icon Envelope Icon Plaque Icon Lightbulb Icon Insights Lightbulb Icon Training Icon Search Icon User Icon Privacy Icon Instructor Icon Instructor-1 Icon Investigator Icon Admin Icon Student Icon Voice Grammar Icon Turnitin Logo (Text and Icon) Icon Facebook Icon Twitter Icon LinkedIn Icon Google Plus Icon Lightbulb Icon Binoculars Icon Drama Masks Icon Magnifying Glass Icon Signal Check Indicator Bars Red Flag Icon Analysis and Organization Icon
お問い合わせ

多くの人は、評価作業を主に教員が学生にフィードバックを与えることだと考えています。これは評価業務におけるの重要なことですが、実際には、学生と教員の両方がやり取りが可能なフィードバックを提供すべきだと私たちは考えています。ここでは、Gradescopeがいかに採点業務の効率を上げ、学習方法を改善し、学習成果の向上につなげるための10の方法をご紹介します。

 

1. Gradescopeは従来の評価・採点業務を近代化

Gradescopeは、”学生の課題を評価するためにより良い方法があるはず”という信念のもとに開発されました。講師の専門知識と最新の機械学習と人工知能を組み合わせることで、Gradescopeは最新のテクノロジーを活用し、従来の成績評価に伴う手間と時間を劇的に削減します。 

"Gradescopeは宿題や試験の採点方法に革命をもたらしました。私はあまりこの言葉を使いませんが、このツールを一度使ったら、手放せません。”Armando Fox, EECS, UC Berkeley 


2. Gradescopeで採点ワークフローを効率化

Gradescopeは学生の課題や成績をオンライン上で管理することで、従来の評定ワークフローを再構築します。積み上げられた紙の回答の運搬や返却、長時間の採点業務、授業中の時間のロスなどの煩わしさから解放され、いつでもどこからでも評価・採点ができるように効率化が図られ開発されています。 

"Gradescopeのおかげで、どこにいても採点や返却が可能になり、移動中でも授業に追いつくことができるようになりました。”Andrew Gillette, Math, University of Arizona 


3. Gradescopeは学生の評価の公平性を促進する

Gradescopeは2つの主要な分野で無意識の偏見の機会を軽減することができます。

  • 学生の全体的な提出物やアイデンティティではなく、個々の解答内容にのみ焦点を当てることができるようにします。
  • 採点者のチームが、すべての生徒のために統一された評定基準を構築し、その基準を適用して採点を行っていくことができます。

その結果、学生にとってより公平な評定と、採点の一貫性をより向上させることにつながります。 

"Gradescopeは私の成績評価を簡単にしてくれただけでなく、より良いものにしてくれました。私のルーブリックはより一貫性があり公平で、学生はより有益なフィードバックを得られ、私は実際に試験の採点を楽しんでいます。”Katrina LeCurts, CS, MIT

 

4. Gradescopeが採点の柔軟性を高める

Gradescopeのダイナミック・ルーブリックは、事前に作成したり、その場で作成したりすることができ、いつでも共同で作成したり、調整したりすることができます。キーボードショートカットを使用することで、ワークフローをスピード化し、採点時間をさらに短縮することができます。

"ルーブリックの遡及適用は、何よりも優れています。膨大な量の紙の試験問題を処理したり、まとめをしたりする必要がないのは良いことです。人間工学的には、テーブルにもたれかかって採点するよりも、ノートパソコンで採点する方がはるかに簡単です。”Ian Dunn, CS, Cal Poly SLO


5. Gradescopeで効果的なフィードバック

迅速で一貫性のあるフィードバックに加えて、ダイナミック・ルーブリックは、点数がどのように与えられたか、またはどのように減点されたかについての詳細な情報を学生に確実に提供します。評価基準やコンセプトの習得度に関するガイドラインをより深く理解することで、講師は生徒に個々のニーズに応じた最適なリソースを指示することができます。

"Gradescopeを使うと、60人の生徒がいる私のクラスで毎日小テストを行い、帰りの30分の電車の中でに採点ことができます。生徒はすぐにカスタムフィードバックを得ることができるので、自分が授業でどのようにやっているかを理解するのに役立ちますし、状況を把握するのにも役立ちます。”Jesse Tov, CS, Northwestern University

 

6. Gradescopeは採点業務を体系化し、無駄な業務を省く

採点者とAI-Assisted Gradingは、学生の課題をレビューするためのより体系的なアプローチを提供します。Gradescopeは、教師が学生の提出物をデジタル化してパターンを特定し、その後、評価可能なグループに配置するのに役立ちます。このグループ化のプロセスにより、大人数の採点でも時間を節約して一貫したフィードバックを作成することができます。

"私は、グループでフィードバックができるのがとても気に入っています。時間に追われているときは、問題に対して多くのポジティブなフィードバックを行うことは難しいですが、グループ化できると、そのための時間を確保することができます。手で採点するよりも、Gradescopeを使った方が全体的に詳細なフィードバックが得られたと思います(読みやすかったです)。ジュリー・マクガーク、UPenn生物学

 
7. Gradescopeは学生へのフィードバックをよりタイムリーに

評価・採点が完了すると、採点者はワンクリックですぐに公開し、学生に通知することができます。学生はフィードバックを確認し、理解できないことや意見の相違があった場合には、再評定リクエストを開始することで迅速に管理することができます。Gradescopeのワークフローでは、フィードバックをタイムリーにかつ具体的、そして発展的に行うことができます。

"Gradescopeは私のクラスの学生が試験結果を見直す方法を変えてくれました。Gradescopeは私のクラスの学生の試験結果の見直し方を一変させてくれました。”Samuel S Watson, Math, Brown University


8. Gradescope は従来の評価方法もサポート

対応可能な課題の種類は、紙ベースの試験、小テスト、オンライン課題、プログラミング課題、多肢選択式課題まで、多岐にわたります。Gradescopeは、形式指定や既存の課題を調整することなく、文系から理系まで様々な分野の課題に対応することができます。

"Gradescopeを使うことで、ほとんどすべての評定のためのスキャントロンシートを使う必要がなくなり、彼らの解答を実際に評定し、彼らに相応しい評価を与えることができました。”Susanne Hambrusch, CS, Purdue


9. Gradescopeで学生の学習習得状況を把握する

Gradescopeは個々の生徒のパフォーマンスデータを作成し、それぞれの知識と習得のギャップを特定するのに役立ちます。問題ごとの分析と項目ごとの分析により、どこが習得され、どの概念が理解できなかったかを把握することができます。また、採点者は学生のコースレベルの進捗状況を測定し、課題統計を用いて主要な学習目標に合わせることもできます。 

"最高なのは、スコアリングの詳細をオンラインで見ることができることです。これにより、学生とより多くの情報を共有することができます。また、後で、採点ラッシュの最中ではない時に、問題がどれだけ効果的に機能していたかを分析することができます。”Cliff Shaffer, CS, Virginia Tech 


10. Gradescopeが指導の質を高める

Gradescopeのデータは、評価やコース内容の改善にも役立ちます。学生の得意分野と不得意分野に注目し、可視化することにより、講師はリアルタイムで学生の理解できていない部分に対処し、新しい概念を適切に組み立てることができます。また、Gradescopeは長期的なカリキュラムの改善や、重要な学習目標を確実に理解するための授業や講義の指針を明確にします。

"統計は、生徒がよりよく学べるように、次回は何を教えればいいのかを理解するのに役立ちます。また、スコアやルーブリックの項目を調整して、同じ項目をマークした他のすべての項目を更新することができるのも気に入っています。”Katie Johnson, Math, Florida Gulf Coast University




Gradescopeに関してはこちら