当社の歴史

初期

  • カリフォルニア大学バークレー校の4人の卒業生が大学院で使用できるピアレビューアプリケーションを開発しました。 
  • 創設者は学生の提出物に剽窃内容を発見する Turnitin のプロトタイプを作成しました。
  • Turnitin の親会社である iParadigms は株式会社です。
  • Turnitin は CrossRef社と協力して iThenticate を開発し、学術出版会社にサービスを提供しています。
  • Turnitin は WriteCheck 機能をリリースし、学生に形成的なライティングツールを提供できるようになりました。 

2009年から現在まで

  • Warburg Pincus が Turnitin 株式の大部分を取得しました。
  • 入試用の Turnitin がリリースされ、剽窃発見機能が大学入試に使用できるようになりました。
  • Turnitin2 がリリースされ、オリジナリティーチェッキング、オンラインでの採点、およびピアレビューがレポートに重なった状態で使用できるように改良されました。 
  • Turnitin は nLearning を取得し、イギリスのニューカッスルに国際本部を設立しました。
  • Turnitin は Educational Testing Service と協力し、そのETS e-rater® テクノロジーを Turnitin に取り入れることを発表しました。
  • 翻訳一致機能が2011年2月にリリースされ、英文を翻訳して剽窃されたものを感知できる機能が開発されました。 
  • Turnitin は2012現在、150人以上の社員を抱えています。